注目の記事ピックアップ!

美談も武勇伝も必要なし?「上杉謙信」が”戦い”に求めていたものとは?


画像:「芳年武者旡類」 「弾正少弼上杉謙信入道輝虎」月岡芳年 絵(東京都立図書館)

戦国武将の美談は多い。後世の者が脚色している文献もあるだろうし、それゆえに出来事や功績を称えて美談になってしまう場合もある。でも、それはそれで”あり”だと思っている。

こんなことを言えば元も子もないが、450年以上の前の話で肖像画でしか確認できない人物の生涯を事実だけ知ろうとしても無理があるのだ。その証拠に教科書は、定期的に内容を改正している。

教育の現場でさえ美談を史実として教えているわけで、結局のところ真実は闇の中にある。つまり、戦国に生きた男に「ロマンを感じようじゃないか」という話だ。

そんな前置きを入れつつ、今回クローズアップした武将が「上杉謙信」である。やはり、この男も美談が多い。だが、今回は美談を抜きにして謙信の”本性”に迫ってみたいと思う。

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 暗殺5日前に坂本龍馬が書いた手紙に記された「由利公正」とは何者?(後編)

  2. 妖怪退治の陰陽師「安倍晴明」って何者ですか?

  3. 坂本龍馬はフリーメイソンだったのか?グラバーや勝海舟との出会い、龍馬暗殺との関係(後編)

  4. 実は"猛将"ばかりじゃない?「賤ヶ岳七本槍」と呼ばれた武将たち(前編)

  5. 戦国時代でスカウトしたい「蒲生氏郷」

  6. 明治維新に命を懸けた「西郷隆盛」最後の戦い「西南戦争」とは?【中編】

  7. 【有力説】本能寺の変は本当に明智光秀の単独犯なのか?それとも黒幕がいるのか?

  8. ガッカリするけど読めば"タメ"になる戦国合戦の「ウソ」と「ホント」

  9. 坂本龍馬はフリーメイソンだったのか?グラバーや勝海舟との出会い、龍馬暗殺との関係(前編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

週間人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

全体人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP