注目の記事ピックアップ!

戦国時代でスカウトしたい「細川忠興」

戦国時代でスカウトしたい「細川忠興」

戦国時代でスカウトしたい細川忠興
画像:細川忠興の銅像(勝竜寺城跡)

細川忠興は足利将軍に仕える細川幽斎の長男として京都に生まれ、足利義昭が信長に追放されると幽斎は織田の家臣となり、10歳の忠興は信長の小姓(世話係)となります。

生没 1563年生まれ 1646年死去
出身 京都
主君 織田信長から織田信忠、豊臣秀吉から豊臣秀頼
徳川家康から徳川秀忠
親族 父:細川幽斎 正室:細川ガラシャ(お玉)
弟:細川興元 息子:細川忠隆・細川興秋・細川忠利
特徴 利休七哲の一人 酒乱 短気 ガラシャLOVE 怒ると豹変する

幽斎は書や絵画、和歌や茶道など歴史に名を残した一流の文化人で、のちに忠興も父に負けず劣らずの文化人へと成長しますが、それはまだまだ先のことで、若い頃は武芸に没頭し、とにかく負けん気の強い武将でした。

そんな忠興の戦デビューは15歳のとき。紀州征伐(1577年)に従軍し、雑賀衆と一揆衆を相手に戦いました。その数か月後、謀反を起こした松永久秀の討伐戦に参加。

明智光秀や父の幽斎に従って片岡城(奈良県)を落としています。いずれも先頭に立って奮戦し、大きな手柄はないものの、他の武将に負けないくらい暴れまくっていたそうです。

一心不乱に暴れまくった結果、おでこに傷を負ってしまうんですね。しかし信長は、「そいつは名誉の傷!強き男の勲章じゃ」と忠興の働きぶりを嬉しく思い、直筆の感状を贈りました。

翌年(1578年)、忠興は元服し、信長の仲介で明智光秀の娘である玉(珠。のちのガラシャ)と結婚。新婚当初は誰もが羨む夫婦でしたが、次第に忠興のLOVEパワーが膨れ上がって「狂気」へと変わっていくんですね。

波乱の幕開け

戦国時代でスカウトしたい細川忠興
画像:宮津城のCG復元図(出典元:panajamフルカワ)

1580年に幽斎は信長から宮津城(京都)12万石を与えられ、忠興も信長に一目置かれ可愛がられたといいます。出世街道の道が開けた矢先、1582年に本能寺で信長が死去。

なんと信長を暗殺したのは明智光秀で、忠興にとって光秀は義理の父親(玉の父親だから)。愛する妻が暗殺犯の娘になってしまったわけです。

このとき、光秀から忠興に協力を求める書状が届いたようですが、要請を無視して玉を幽閉しました。自分と妻が謀反に関わっていないことを示すための策であり、秀吉への忠誠を誓う証明でもあったのです。

本能寺の変をきっかけに幽斎は隠居し、忠興が細川の家督を相続し、丹後(京都北部)南部を所領すると宮津城の城主となります。そして、信長の死去から3ヶ月後。

秀吉の家臣となった忠興は、丹後北部を所領する一色満信の討伐を決行。満信は織田の家臣で幽斎の同僚でしたが、山崎の戦いで秀吉に加勢せず三成に好意を示していたため、敵対とみなされたわけです。

忠興は満信を討った(謀殺した)あと、一色家の家臣を攻め滅ぼし、丹後全域の所領を認められました。

しかし、ここで大きな問題が発生します。満信は忠興の妹(伊也)と結婚していたため(忠興からみて満信は義理の弟)、満信を殺した忠興を伊也は恨むことになります。満信の死後、伊也は丹後を出て長岡京の実家へ帰りました。

ある日、忠興が実家に立ち寄った際、ただならぬ殺気を感じ、ふと気づくと悶々と睨みつける伊也の視線でした。めっちゃ怒ってるな・・・と思いつつ屋敷に入ると、すぐさま伊也が忠興に刃物を突き刺してきたのです。

これを忠興はかわしましたが、刃物が鼻に当たって一文字の傷が残りました。義父(光秀)が原因で愛する妻(ガラシャ)が幽閉となり、義弟(満信)を殺して実の妹(伊也)に命を狙われたり、まさに踏んだり蹴ったりですね。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 戦国時代でスカウトしたい「立花宗茂」

  2. 大阪の陣や本能寺の変など戦国時代の出来事に由来する慣用句や言葉

  3. 「信長包囲網」を知らずして戦国時代は語れない!織田信長と足利義昭の”因縁”を振り返る

  4. 武田神社と上杉神社を訪ね「武田信玄」と「上杉謙信」の面影を知る

  5. いつから戦国時代は始まった?最初に天下統一をした戦国武将は誰?

  6. 戦国時代に「時計」はあったのか?

  7. なぜ豊臣家は滅びたのか?戦国時代の終末期「豊臣政権の崩壊」と「関ケ原の戦い」 Vol.5

  8. もし私が敏腕なヘッドハンターなら戦国時代で絶対にスカウトしたい家臣たち「主力部隊」編

    戦国時代で絶対にスカウトしたい家臣たち「主力部隊」編

  9. 歴代徳川将軍15人の「身長・寿命・プロフィール」まとめ!

最近の記事

週間人気記事ランキング

全体人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP